Boden in Sweden

Boden in Sweden Large Image

Description

I saw a nice snow in Bracke Sweden.

I am in Sweden.

From Meraaker where 25km behind border in Norway to here, I used train.

At first I never think I use train, but good couple whom I met in Meraaker they gave me ticket to Ostersund, so I am in here”.

Tusen takk Mr.Stig Sonfraa and family!

I’m carried by many People. I am not alone.

I started again from here. Ha det, see you !

Now I am in Borden in Sweden.Here is more colder than Norway. Now it is -16.2°C / 2.8°F degrees.

It is so hard biking on skating rink.

Tomorrow, I drive for Jokkmokk and I will pass through Lapland.

One of the most smaller population in Scandinavia.

I am fine.

 

スウェーデンにいる。

北緯65度まで来た。北極圏まで直線距離で約80km。さすがに厳しさを感じている。

ノルウェーのクウォールを出発してから国境近くまでの3,4日間は、それこそ、もっともハードな日々だった。

ストームとはいえないまでも激しい降雪、降雨が続いた。今冬は暖かいと何度かお伝えしてきたが、気温が0℃前後、暖かい日は3℃まで上昇した。結局すべてが濡れた。

It is bitter trial. Enjoy !!

手袋も靴も重く水分を含んだままで風を受けることは辛かった。滅多にあることではないが、何度か疲労で走りながら睡魔に襲われた。その度に立ち止まり、雪を顔にまぶし、自分を落ち着かせた。

どこまで冷静でいられるかが路上では命を左右する。それは自転車乗りになってからいつも僕の課題であり肝に銘じてきたことだ。

水分を非常に含んだ雪は重かった。こんな雪はノルウェーに降り立って初めてだった。-20℃での走行と0℃降雪での走行では、後者がはるかに厳しい。濡れたテントの中では、濡らさないようにしても寝袋まで水を吸う。夜間-5℃、風あり。濡れた寝袋の中で、下着も靴下もフェイスマスクも体温で乾かすしかなかった。生暖かくなるだけで乾くことはないのだが。

They helped to make a packing. Now I can use train. Mr.Nisse tack.

途中、ノルウェーからスウェーデンへの国境越えはストームのため自転車では不可能だと25km手前の町で言われ、列車のチケットをいただいた。Stigさんとその家族に、心からお礼申し上げます。Tusen takk.

 

スウェーデンに入っても多くの人が助けてくれている。Brackeという町で電車に自転車は積めないと指摘されたが、食い下がり自転車を解体し梱包することで許可を得たが、その梱包は駅近くの会社の人たちが行ってくれた。また観光案内所のお姉さん方にはチケットの手配や新聞取材、長い待ち時間の間に荷を乾燥させてくれたり食事をとらせてくれたりと、このご好意にどう報いたらいいのか分からないほどあたたかい心を賜っている。Tack tack.

 

 

このBordenブーデンから最北端の岬まで約1000kmである。ここからが本当の勝負どころになる。不必要な荷を日本に送り返し身を軽くした。最低限度の荷で挑んでいく。

The Bracke station.

7 thoughts on “Boden in Sweden

  1. Dear Diana and Daniel, Eric

    Thanks for your warm heart.
    Your family living wonderful place in my heart.
    Have you get my letter from Ireland?
    I hope we will meet again Alaska or Japan.
    Now I continue cycling on the Europe.
    Please take care and see you.
    Thanks !

    Ryoo NISHINO

  2. Hi Ryoo! Thanks for the e-mail. We always enjoy hearing from you. The snow is melting in Alaska now. The geese and swans are coming back. It’s a wonderful time of year. Enjoy your new adventure! We’ll be keeping track on your website.

  3. To Eugene

    Hello Eugene.
    Thank you for your information.
    I am not sure about that site so I tell my supporter who make this website and after I decide that I should use it or not.
    Now I am in Norway, and my journey continue to all Europe and Africa.
    Sometimes if you have a time, look my journey on my website please.
    I appreciate your help.
    Thank you friend and take care !

    NISHINO Ryoo

  4. yanaさん

    こんにちは。
    お久しぶりですね、上田市での講演以来とは。
    とても嬉しく思います。ありがとうございます。
    実は地球ラジオを母がよく聞いており、たまには投稿しなさいよといわれ続けて今日にいたりました。
    最北端の岬まで30kmのところまで来ました。
    -30℃と風の影響で足指の凍傷が治っていません。
    またアンデスに並ぶ暴力的な風が吹いており少し恐ろしくも感じていますが、いまの僕でいけるところまでいってきます。
    近況はいずれこのwebsiteに、地球ラジオにも載せてもらえるよう努力します。
    寒い時期が続きます。
    ご自愛くださいませ。

    NISHINO Ryoo

  5. Till Göta

    Tusen tack for your comment !
    Hei, I am Japanese cyclist Ryoo.
    I met your parents and I stayed their home.
    It was so warm night, I spent with them.
    I appreciate their goodness.
    Please say to them, I thank them and I am fine !
    Göta, take care and thanks for your heart.
    I will find “foot art” in Nordkapp.
    Hej da !!

    NISHINO Ryoo

  6. こんにちは!
    昨年上田市で旅峰さんの講演をきいた者です。

    昨日(1月29日)夕刻の地球ラジオが食卓でついており、
    なんとなく聞いていたところ、旅峰さんの名前が!
    遠い国から知っている方の便りを聞けるのは嬉しいですね。
    ラジオのいいところ。
    ただ、現地の自転車旅の様子は厳しそうでした。
    (当然といえば当然なのですが。)

    これしか言えませんが、がんばってください!
    p(^_^)q

  7. Hi! My dad Dundertomten called today and told me that you spent the night in their house -great! I wish you all luck and will send notices to all people I can come to think of in the northern area so that hopefully you will be supported somehow on your way.

    Best wishes from

    Göta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© Copyrights 2019 NISHINORyoo.com

Powered by WordPress · Theme by Satrya